良い葬儀にするために!どのような葬儀があるのか知っておこう

良い葬儀にするために!どのような葬儀があるのか知っておこう

線香

一般葬

遺族や親族だけでなく、職場関係者や友人知人など会葬者を限定しない従来の葬儀です。参列者が多いと対応が大変なのが難点ですが、参列できなかったことで後でクレームを受けることがないのが大きなメリットでしょう。多摩市にはこのスタイルの葬儀に対応している葬儀社が多いです。

葬儀

家族葬

遺族や親族のみで執り行う葬儀です。会葬者が少人数なので故人とゆっくりと最後の時間を過ごすことができます。

男性

一日葬

通常は通夜をした翌日に告別式をするところを、一日で通夜と告別式の両方を実施するスタイルです。一日で済ますことができるので喪主や遺族の負担を減らすことができます。

葬儀の基本的な流れ

ウーマン

通夜

僧侶によりお経が読み上げられます。そして遺族や参列者が順次焼香をします。その後通夜振る舞いをします。

告別式

故人と最後のお別れをする儀式です。通夜のときと同様に遺族や参列者が順次焼香をします。そして、棺の中に1人づつ供花を入れます。

火葬

火葬場へ移動し、遺体を火葬します。その後遺骨を骨壷に入れて終了です。

広告募集中